Exhibition 展覧会情報
「FIREGRAPHY」

杉山雄二 YUJI SUGIYAMA
「FIREGRAPHY」

2016年9月27日(火) 〜 10月8日(土)
13:00〜19:00 日・月曜 休み


Alternative Space The Whiteでは、9月27日(火)から10月8日(土)まで、杉山雄二の個展「FIREGRAPHY」を開催いたします。初の個展となる本展では、約2年間にわたり東京近郊の川原で、焚き火の痕跡を撮影したシリーズおよそ70点の写真と、シリーズのコンセプトを表す視覚的テキストとして作成された24点のコラージュパネルを展示いたします。

杉山の写真は、ありふれた日常のかたわらにありながら、見落とされている事象を独自の視点で切り取ることを特徴としています。「FIREGRAPHY」では「焚き火によって焼き付けられた人工物はそれ自体が写真のような存在」だという発想をもとに、キャンプやバーベキューのために持ち込まれた食料品などのパッケージや印刷物が燃やされた痕跡が、抽象的かつ繊細な構図で切り取られています。

人間によって自然環境の中に持ち込まれ、火によって焼き付けられた都市的人工物。これらを継続的に撮影した写真群は、今の時代を映すドキュメンタリーであると言えます。現代社会の一つの大きな問題である環境破壊を表象し、同時に火によって生み出されてきた数多くの文明、災害、戦争などの重層する記憶を見る者に想起させる多義的なものになるのではないでしょうか。

Alternative Space The White is pleased to present “FIREGRAPHY”, a solo exhibition of works by Yuji Sugiyama from September 27 to October 8. The exhibition marks Sugiyama’s first solo presentation, and will feature a selection of approximately 70 photographic works and 24 collage works that show the concept of the series, an on-going project Sugiyama has engaged in for two years. The photographs are close-up images of traces of bonfire, which have been captured in Tokyo suburban riverside.

Sugiyama captures ordinary scenes of daily life from a unique perspective. “FIREGRAPHY” is based on the idea that a burnt artifact by bonfire is like a picture itself. Packages of instant food and printed matters for camp and BBQ have been captured in abstract and delicate composition.

Burnt urban artifacts are brought by human into natural environment. Picturing the objects continuously should be a documentary of modern age. The photographs would appear to be ambiguous, and represent environmental destruction, which is one of the major problems in contemporary society. At the same time, experience of watching the installation will remind us the multilayered memories of numerous civilization, disaster and war.

展覧会情報一覧へ戻る
PageTop