ALTERNATIVE SPACE The White

Exhibition 展覧会情報

金村 修「Shrimp Cocktail President」

金村 修「Shrimp Cocktail President」

2018年05月12日 〜2018年06月02日

13:00〜19:00 日・月曜 休み


展覧会概要
神保町のALTERNATIVE SPACE 「The White」で、金村修の新作映像展が開催されます。未発表映像作品を四方の壁面にプロジェクション、映像で空間を満たします。

展覧会詳細
Osamu Kanemura Official Site http://kanemura-osamu.com/news/2018-0512/

Statement

相米慎二の「ションベンライダー」を観たとき、トップシーンの長廻しが10分近くあるとストップウォッチを片手に騒いでいる観客がたくさんいたのを覚えている。相米慎二は長廻しで有名な監督で、新作が発表されるたびにワンショットの長さが今度はどのくらいの長さなのかといつも話題になっていた。けれどそれは時間が問題だったのではないような気がする。「ションベンライダー」のいつ終わるのだろうというような無限の時間の長さを感じさせる長廻しが、ストップウォッチで測るとそれは10分という数学的な時間に測定されることへの驚きだ。ショットの時間の遅滞的な流れとストップウォッチで測られた時間の二つの時間がまるで噛み合わないことに驚いたのだと思う。自分が感じた無限に近い時間が、なぜ10分という数値化された時間に測定できたのかというような驚きだった。時間には数値化された時間とは別のもう一つの時間があるような気がした。
ストップウォッチで測られた時間が、客観的な時間として全ての人間に共有できる時間なら、「ションベンライダー」に感じた時間は、誰にも共有できない個別化された時間であって、時間にはそういう相反する要素をどこかに内包しているような気がする。映像の時間は、測定化された時間と測定することを拒否する違う時間のせめぎ合いであり、相米慎二が意識的に用いた長廻しは、直線的に流れる時間を溶解させる方法だった。相米の映像は直線的に流れる時間を歪ませる。時間を歪ませることで映像に映し出されている空間もまた歪んでいくだろう。速度に時間をかけることで距離が測定できるなら、その時間が歪み始めたら距離そのものが歪み始めるのではないだろうか。距離の成立によって空間が生まれるなら、時間を歪ませる映像は空間を脱臼させるだろう。空間とは時間が頽落した姿だと誰かが言っていたように、それが本当なら相米の時間を無限に感じさせる長廻しは空間を無限に引き延ばす。時間を変容させることで空間を変容させることを狙って相米は長廻しを採用したのだろう。数値として現せる時間と測定された時間を無化させるような別の時間が長廻しには現れる。二つに分断された時間は、通常の空間と距離が歪む空間という二つの空間を提出するだろう。映像は三次元の現実を複数に切り裂く。
直線が点の集積で成り立つのなら、大量のショットの集積で成り立つ映像の時間は直線と近似性があるだろうか。点としての瞬間が前方に向かって真っ直ぐに次々と現れ、更新され続けるように映像は動いているのだろうか。むしろ流れる時間に渦巻きのように巻き込まれていると感じるようなときもあるし、ハワード・ホークスのように時間が通常の速度の倍以上に流れていると感じるときやソクーロフのように時間が止まったと感じるときもあるように、時間はつねに撹乱している。撹乱する時間が映像の時間なのであって、均一に流れると思われている時間の速度を映像は歪ませるだろう。「Shrimp Cocktail President」は、よく撹拌することで素敵なカクテルを生み出すのではなく、シュリンプカクテルのようにパーティーのヴィジュアルをよくするためのアイテムでもない。死が一瞬の出来事であり、死に続けるという時間の持続と堆積が不可能なように、映像もまた一瞬の出来事なのではないかと思う。一瞬の出来事を何度も再生することができる映像は、けれどその瞬間を何度も再生するたびに違うところに目がいってしまうのはなぜだろう。決して同一なところに目がいくことがないのは、映像には恒久的な同一性が欠けているのではないだろうか。映像に撮られた瞬間はあやふやなものであって、確かにここに存在したというような確固たる存在ではなく、見る人間の解釈によって無数に過去が制作されるフィクショナルな過去しか存在しない。映像は不確実な瞬間の集積であり、見るたびに見え方が違う。そこには時間の厚みが存在しないのだ。大量のショットをいくら集めてみてもそこには誰もが普遍的に共有できる過去が存在しない。「Shrimp Cocktail President」には、ある一瞬が存在するだけで、そこには過去という時間の重みが欠けている。「ションベンライダー」のような無重力な時間。時間が廃棄されたような時間。時間の持続と堆積が不可能であり、一瞬にしか存在することができない死を何度も再生することが映像なのだと思う。それは再生されるたびに更新され続ける記憶であり、過去という形で普遍的な形でどこかに存在するわけではなく、映像には薄っぺらな表面があるだけだ。再生することとは、断片化された時間を記憶の中で統合することではなく、さらなる断片化と忘却を促進することだと思う。2018.4.14 金村修

Events

特別上映+ライブパフォーマンス+ブックライブ
金村修の東京未公開映像「Camille Mutel Wrecing Crew(2014年)」をマルチスクリーンで特別上映。フランスのコンテンポラリー・ダンサー、Camille Mutelの東京での一日を金村修が撮影しています。

フランスのミュージシャン Frederic Viennotのライブパフォーマンス。
映像と音楽の中で金村修が自身のカラーデジタル写真をその場で出力し冊子を作成するブックライブ。映像と音楽の中で作成されたビンテージ冊子はその場で購入可。

5月12日(土) 19:30〜21:00
6月1日(金) 20:00〜21:30
料金:3000円
定員20名(要予約 mail@sawadaikuhisa.com)

ビンテージ冊子
両日別タイトルにて限定10部制作 / 販売
価格 ¥10,000(税込)

※予約購入可 mail@sawadaikuhisa.com